μ’s(ラブライブ!) / Snow halation

2010.12.22

アニソン史に残る名曲「Snow halation」を収録! 『ラブライブ!』μ’sの2ndシングル!!

 

学院存続の危機を救うためにスクールアイドルの頂点を目指す9人の少女=“μ’s(ミューズ)”の物語。

『ラブライブ!』は「みんなで叶える物語」を合言葉に2010年6月、電撃G’sマガジンの誌上企画から、そのプロジェクトをスタートさせた。同年8月には作品キャラクターの声を演じる声優 – 新田恵海、南條愛乃、内田 彩、三森すずこ、飯田里穂、Pile、楠田亜衣奈、久保ユリカ、徳井青空 -によって結成されたアイドルユニット、μ’sが1stシングル『僕らのLIVE 君とのLIFE』をリリースし、その活動を一歩ずつ着実に進めていくことになる。TVアニメ化が発表された2012年に開催された“μ’s First LoveLive!”をきっかけにその名前は多くの人が知るところとなり、デュオ/トリオシングルの連続リリースや“Animelo Summer Live 2012 -INFINITY∞-”などへの出演も相まって、大きな注目を集めることとなった。

そして、2013年1月にTVアニメ『ラブライブ!』が放送開始され、これ以降その人気を爆発的に加速させる。スマートフォン向けゲーム『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(スクフェス)』の配信開始やTVアニメ2期放送によるファン層増大の相乗効果も伴って、シングルのオリコンチャート上位へのランクイン、さいたまスーパーアリーナでの2DAYSワンマンライヴ「μ’s →NEXT LoveLive! 2014 ~ENDLESS PARADE~」の開催、紅白歌合戦への出演など枚挙にいとまがないほどの目覚しい活躍をみせる。そして2015年に公開された劇場版『ラブライブ! The School Idol Movie』は累計興行収入を20億円突破する記録を打ち立て、「夢が現実になる」その言葉をそのままに体現し続けた。

クオリティの高い楽曲に調和する美しい映像、圧倒的なライヴ・パフォーマンス、個性豊かなキャラクター/メンバー……μ’sの魅力を語るには幾ら言葉を費やしても足りないのだろうが、ひとつ確実なことは、周囲の期待に応えるべくこれまでを超える歌唱やパフォーマンスを自らに課し、プレッシャーと戦いながら歩み続けてきたメンバーとスタッフによるたゆまぬ努力に、ファンの熱い声援が結びつくことによって、これほどまでの結果を成し遂げることができたということ。『ラブライブ!』は、『ラブライブ!』に参加した全ての人によって叶えられた夢の物語だったのだ。

 

そんな彼女たちの軌跡をレコーディングそのままの音質で、ありのままの歌の姿で辿ることができるのがこのハイレゾ音源。

『ラブライブ!』のハイレゾ音源は2013年10月30日に、まず1st~5thシングル『僕らのLIVE 君とのLIFE』 『Snow halation』 『夏色えがおで1,2,Jump!』 『もぎゅっと“love”で接近中!』 『Wonderful Rush』が同時にリリースされた。『ラブライブ!』のハイレゾ化を待ち望んでいたファンのみならず幅広く多くのユーザーを巻き込み、大ヒットを記録。結果、『ラブライブ!』作品のハイレゾ化が続々と進むことになる。一連のリリースはアニソンのハイレゾ作品に対して多くの人々の関心や注目を向けることとなり、他レーベル・メーカーのハイレゾ作品のリリースさえも促すこととなった。このように『ラブライブ!』初期5タイトルは、ハイレゾシーンの起爆剤となった記念碑的な作品だ。

それら5タイトルのハイレゾ音源は、ランティスの音楽プロデューサー・佐藤純之介による監修の元、2回リリースされている。

1回目は、前述の2013年10月30日にリリースされた48kHz/24bitの「TRUE STUDIO MASTER」ヴァージョン。これはCDマスタリング前のデータをそのまま配信したものだ。

2回目は、2015年8月26日にリリースされた96kHz/24bitと96kHz/32bitの「HD REBUILD MASTER」ヴァージョン。こちらはマルチトラックデータから再ミックスを施し、名エンジニア・原田光晴がハイレゾ配信用にマスタリングし直したもの。前回の人気を受けて、さらに音質を追求するために手間を惜しみなくかけた、スペシャルなハイレゾ音源だ。当時の状況では叶わなかった本来あるべき姿が、機材とともに進化したサウンドで完璧に再現される、至高のハイレゾ作品となっている。

 

μ’sの2ndシングルとなる「Snow halation」は「僕らのLIVE 君とのLIFE」に続き、山田高弘が作曲を手がけている。クリスマス間近のリリースということもあり、冬をイメージさせる楽曲に仕上がっている。『ラブライブ!』の人気が広がるにつれ、「Snow halation」はμ’sの代表曲として紹介されることとなり、やがてはテン年代に残るアニソン名曲として親しまれることとなった。

「Snow halation」

山田高弘が生みだすスタンダードを極めたポップス・ラインを中西亮輔が華麗なアレンジで仕上げたエヴァーグリーンなナンバー。雪のようにしんしんと心に降り積もる淡い想いを伝える歌声と、静かに輝きを放ち、そして鮮やかにクライマックスを迎える躍動的なサウンドが完璧な調和を遂げている。

音と音の間が限りなくクリアなハイレゾ版。凛と張り詰めた冬の空気感といった、そんな澄み切った空間に音が美しく煌めき、鳴り響いている。奥へと消えゆく鈴の音、左右に流れ行くウィンドチャイムなど、その動きや、また残響の最後までも丁寧に描写されており、繊細な音の存在感が引き立つ。それらと共に楽曲のメロウさを表わすピアノやストリングスは高域部がふわっと浮き立つ軽やかさ。対するように早まる鼓動を伝えるドラムとベースはアグレッシヴかつ颯爽とした演奏。間奏で爪弾かれるアコースティックギターや、ラストのサビに入ってくるエレキギターもいっそう鮮明に、高い解像度が楽器の音色をリアルに色付ける。

定位や分離も良くヴォーカルの立ち位置を明確に捉えている。そして次第に加速していくサウンドに歌声がノリ良くはまる心地好さ。CDも最初のハイレゾも同じ録音による音源だが、サウンドとヴォーカルそれぞれのリズムが見事に重なる絶妙な一体感をこのハイレゾ版では強く感じられる。それは何度もライヴを繰り返してやがてこれ以上はない完成形に至った、そんな風にも思えてしまうほど。またCDでは勢いだけやや前に出てしまった歌声も、このハイレゾでは精一杯の想いをこめて歌う可憐な姿で描かれている。その声からあふれる切ない表情が胸に深く刻み込まれる。

「baby maybe 恋のボタン」

山口朗彦らしいエレクトロニクス・サウンドが炸裂するアッパーなトラックに9人の歌声が明るく弾む、“μ’s”と命名されたユニットの勢いをますます感じさせるカップリング曲。

ダイナミックなサウンドを構成する要素が整理され、あらたに再構築された最新のハイレゾ版は楽曲全体に力が漲り、波となって押し寄せてくるといった印象。轟く残響の深さが空間の奥行きを伝え、音像はシャープな輪郭を保っている。この楽曲の特徴をさらに追求したマスタリング作業のおかげなのだろう。うねるエフェクトや弾むキックのキレが強まり、パワフルかつクリスタルに音がはじけだしている。

ヴォーカルはCDより一歩前に踏み出した姿を映しだし、曲の歌詞とも重なり合うよう。全員による力強いユニゾンは余裕を感じさせつつも、サビ部分の掛け合いでは初々しさをまだ少し残しており、「僕らのLIVE 君とのLIFE」のスタートからほんの数ヶ月しか経っていないことを思い出させる。ひと並びのユニゾンからメンバーそれぞれの位置へとヴォーカルが移り行くμ’sならではのスタイルをよりリアルに描き出しており、ステージを舞い踊るユニットのイメージを膨らませる。

 

2PBOOK_121_AICS3μ’s(ラブライブ!)
Snow halation

Lantis
2010.12.22

FLAC・WAV 96kHz/24bit WAV 96kHz/32bit

購入はこちら

e-onkyo music
groovers
mora

 収録曲

 1.Snow halation
   作詞:畑 亜貴 作曲:山田高弘 編曲:中西亮輔

 2.baby maybe 恋のボタン
   作詞:畑 亜貴 作曲・編曲:山口朗彦

 3.Snow halation(Off Vocal)

 4.baby maybe 恋のボタン(Off Vocal)