うたわれるもの 偽りの仮面&二人の白皇 歌集 Suaraインタビュー

lis_highliso_interview_03_01-01

「『うたわれるもの』といえばSuara。またその逆だったりと、ファンの中でもそういう意識で見てくださる方は多いです」(Suara)。

それほどSuaraは、ゲーム/アニメ『うたわれるもの』シリーズのOP/EDテーマを中心に、数々の主題歌や挿入歌を歌い続けてきた。今回の『うたわれるもの 偽りの仮面&二人の白皇 歌集』の登場によって、Suaraによる『うたわれ』楽曲がすべてハイレゾ音源で聴けるようになった。ハイレゾとの関わり深きSuaraに、彼女ならではの「ハイレゾ像」を聞いてみた。

Interview & Text By 清水耕司 (セブンデイズウォー)

 

KIGA-29_うたわれるもの 偽りの仮面 二人の白皇 歌集_ジャケ写

『うたわれるもの 偽りの仮面&二人の白皇 歌集』レビューはこちら

 

──今回の『歌集』もSACD(ハイブリッドディスク)でのリリースとハイレゾでの配信が決まっています。Suaraさんはこれまでも多くの楽曲をハイレゾ音源でリリースされてきましたが、Suaraさんにとって、ハイレゾでのリリースというのはどのような感覚ですか?

Suara 最初は私自身、ハイレゾと言われてもちんぷんかんぷんで(笑)。(『うたわれるもの』などを手がけたアクアプラスの)下川直哉プロデューサーの「音楽に対するこだわり」から始まった流れだったと思います。ただ、以前からSACDやハイレゾでSuaraの楽曲を出してきたので、私もちょっとずつ勉強するようにはなりました。そこで今思うのは、いろいろな媒体で聴きたいというリスナーの方も増えてきましたし、選択肢を提供できるということはすごくいいことだな、ということですね。「やっぱりCDが好き」という方もいらっしゃると思いますし、配信でもアナログ盤でも「音楽を聴いていただく」ということに変わりはなく、それぞれの形で楽しんでもらえたらいいですね。

──歌う側としてはハイレゾだからといってレコーディングに変化が出る、ということはないでしょうしね。

Suara そうですね。歌うにあたっての気持ちにもちろん変わりはないです。ただ、私の歌を聴くということに対して強い思いを抱いていらっしゃる方がいる、ということは感じるので、自分自身としても自分の声に対する思い入れを強く持たないといけない、という認識は新たに生まれてきました。

──実際にハイレゾ音源を聴いたときは、どのような感覚が生まれましたか?

Suara 派手というか、音数が多いような楽曲でも詰まった感じがありませんし、耳に優しい聴きやすさがありました。逆に音数が少ない楽曲に関しては、空気感や息づかいといったものまでしっかり聴こえてくるという印象をすごく持ちました。レコーディング・スタジオで聴いている雰囲気をそのままに届けられる、という感覚ですね。だから、細かなニュアンスのような気持ちを込めた部分、歌の細部までもが聴く人に伝わっているのかと思えて……、うん、うれしかったですね。私が気づかないような細かい部分も、聴く人はもしかしたら気づいているのかもしれない、と思いました。ブレスとか、私が気づかないような何かに魅力を感じていらっしゃる人がいるんじゃないかと。

不安定な神様

『不安定な神様』レビューはこちら

──『HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL』の企画として行なわれた、箏を奏でられるシンガーソングライターの真依子さんとの公開ライブ・レコーディング・セッションの音源は、まさにその場の空気感をも閉じ込めていました。

Suara 公開録音という事で大変緊張しましたが、真依子さんとのコラボは、非常に楽しい時間でした。そのときの音源を聴いてみると自分の声よりも真依子さんやサポートミュージシャンの演奏のほうに耳が引き寄せられました。箏の音色にしても、あの空間で聴いた広がりがありましたし、それでいて繊細な音色がそのまま入っていました。

──そういったライブだからこそ、ハイレゾで配信する意味がありましたし、実際ファンの方も非常に喜んでいました。

Suara やっぱり空気感が伝わるというのは大きいんでしょうね。ライブに来てくださった方には、あのとき、あの場所での情景、ステージ、見たもの聴いたものが蘇ってくるのではと思います。当日来れなかった方が後で音源を聴いても、ボーカル、箏、ギター、ウッドベース、パーカッションの立ち位置とか、会場の大きさとかを想像できるような、ライブ音源になっていました。

──今回『歌集』として『うたわれるもの 偽りの仮面』と『うたわれるもの 二人の白皇』全ての楽曲がまとめられました。あらためて聴いたとき、どのような気持ちになりましたか?

Suara ベスト・アルバムが出たときと同じような喜びがありますね。私自身、『うたわれ』の楽曲に育ててもらってきたという感覚は強いですので、『うたわれ』の音楽の歴史というのは、私Suaraの歴史でもあると思っており、そのことをあらためて感じてもらえる作品になったと思います。そして、10年以上の年月をかけ、『うたわれるもの』というひとつの作品からこれだけの楽曲が生み出されたというのは本当にすごいことだと思いました。壮大な曲から、今のアニソンらしいものまで、幅のある楽曲が誕生しました。その全てに対応する歌が歌えたのではないかと思っています。

──「キミガタメ」と「夢想歌」に関しては、『歌集』には2016バージョンが、CDの初回限定盤に付属するSpecial Discにはオリジナル・バージョンが収録されています。聴き比べという意味ではそこでも楽しめますね。

ハイレゾ版『うたわれるもの 偽りの仮面&二人の白皇 歌集』には、CDの初回限定盤に付属するSpecial Discに収録されているオリジナル・バージョンの4曲は未収録。これら4曲はハイレゾ配信では、Suaraの『The BEST タイアップコレクション』などに収録されている。

Suara そうですね。原曲のストリングスは打ち込みでしたが、2016バージョンはビートルズで有名なアビーロードスタジオで収録された生のストリングスになっているので、アレンジ面の変化も聴き比べて楽しんでもらいたいですね。特に「キミガタメ」は、音圧がある楽曲なので、サビまでは静けさがあるんだけどサビでドンッと来るという楽曲の展開が衝撃に感じました。そのダイナミクスの差をオリジナル・バージョン以上に感じられたので、とても感動が大きかったですね。あとは、私は重低音が効いている楽曲が好きなんですけど、低音が効いているのにしんどくないので、すぐさま感動につながる感覚でした。体で音を感じられるという印象がありましたね。

──2016バージョンの3曲に関しては、最後にレコーディングした『うたわれ』曲ということになるんでしょうか?

Suara そうですね、「夢想歌 2016」と「永久に 2016」の2曲が最後になります。タイミング的にはゲーム『うたわれるもの 偽りの仮面』が発売された後でしたね。それ以外の楽曲は順番に関係なく、ひとつのプロジェクトという形でかなり前にレコーディングしていったんです。

──では、『偽りの仮面』が発売されたときには『二人の白皇』の楽曲も……。

Suara はい、録り終えていました。先ほども言いましたが、ストリングスのレコーディングをアビーロードスタジオで、ミックスダウンをロスのイーストウェストスタジオで『アナと雪の女王』の楽曲を担当したデヴィッド・バウチャーさんに。そしてマスタリングを世界的に有名なボブ・ラドウィックさんにお願いするという、大きなプロジェクトで進めていました。なのでそのスケジュールに合わせるためにほとんどの歌の録音を一気に行ないました。

──Suaraさんは長く『うたわれるもの』の楽曲を歌ってきましたが、このシリーズに対してはどのような印象をお持ちですか?

Suara とても壮大な世界観を感じられる作品ではあると思うんですけど、その中に運命(さだめ)とか人との関りというものを考えさせられます。生きている中ですごく身近に感じるテーマが込められていると思いますね。アニメを見ていても、「ストーリーの中で人は神に作りだされたものなのに、どうして人同士が争いあっちゃうんだろう」とか「帝(ミカド)はなぜ争わせるんだろう」という気持ちになりましたし。アニメの世界を超えて「人の世の常」を考えさせられる作品でしたね。

──『うたわれるもの』を長く歌い続けた要因というところで感じるところはありましたか?

Suara やはり、「夢想歌」「キミガタメ」というヒット曲に巡り合えたというところは大きいと思います(笑)。私の歌だったり声だったりがマッチしていると言ってくださる方も多いんですけど、どうしてそう感じるのか、私自身考えてみてもよく分からないんですよね。

──『うたわれ』楽曲はエキゾチックなものも多いですが、そのあたりで自分と合っていると思ったことは?

Suara 元々、オリエンタルな楽曲は好きでしたし、歌謡曲が好きということで、どこかそういう節回しというか、感覚みたいなものがジャンルとして合っていたのかもしれないとは思います。でも、自分の声に特徴があるとは思っていないんですよね。昔から個性のない声だと思っているんです。そのぶん、いろいろな楽曲、いろいろな作品に寄り添える気はしていて、そこはひとつの理由だったかもしれませんね。でもこんなにも、『うたわれ』=Suara、と思ってもらえるほどの活動ができるとは想像もしていませんでした。Suara=『うたわれ』、と思ってもらえるような作品に出会えるというのは、歌い手にとってすごく光栄なことだとは思っています。

──最後に改めてですが、この『歌集』をリリースすることで今、どのような気持を抱いていますか?

Suara これだけの楽曲を歌わせてもらえたことに対して、感謝の気持ちでいっぱいです。歌のレコーディングの時にプロデューサーから「歌の年輪みたいなものが出せるといいね」みたいな事を言われ、今回挑みました。まさにその年輪のような、歌手としての成長を見せることが出来たのではないかと思っています。『歌集』は音楽だけを切り取ってみても楽しめる作品に仕上がっていますので、ぜひ1曲1曲じっくり聴いていただけたらと思っています。そしてインストアライブなどで歌う機会がありますので、生で聴いてもらえるとうれしいです。

 

Suara アー写 2016atm A

Suara
大阪外国語大学でインドネシア語を専攻。学生時代からバンドやユニットを結成し、ライヴ活動を行う。
2005年9月にゲーム主題歌「睡蓮-あまねく花-」「星座」でデビュー。
TVアニメ「ToHeart2」のエンディング・テーマ「トモシビ」、同じくTVアニメ「うたわれるもの」のオープニング・テーマ「夢想歌」を歌うなど、その歌声がアニメ・ゲームファンをはじめとする広い層に届き、注目を集める。
2007年のAnimelo Summer Liveでは初出演とは思えぬすばらしいパフォーマンスで話題となる。それ以降も、TVアニメ「あさっての方向。」「BLUE DROP」「キミキス pure rouge」「ティアーズ・トゥ・ティアラ」「WHITE ALBUM」「カードファイト!!ヴァンガード」「フューチャーカード!!バディファイト」「うたわれるもの 偽りの仮面」などの主題歌を担当。アニメからゲームまでその活躍の場は多岐に渡る。
2010年から香港・韓国・シンガポールなどでライブを行い、2011年10月には韓国でアルバム「花凛」を、2016年には台湾でアルバム「聲」を発売するなど、ワールドワイドな広がりをみせている。
“Suara”(スアラ)とはインドネシア語で “声” を意味する。
Suara 公式サイト

この記事に関するキーワード