Suara / うたわれるもの 偽りの仮面&二人の白皇 歌集

2016.11.09

『うたわれるもの』シリーズ完結! Suaraによる『うたわれるもの 偽りの仮面』『うたわれるもの 二人の白皇』の主題歌・挿入歌を収めたアルバムが登場!! 「夢想歌」「キミガタメ」「永久に」の新録ヴァージョンも収録!!!

 

2002年4月にリリースされたゲームソフトをその始まりとする『うたわれるもの』シリーズ。2006年4月には同名のTVアニメも放送され、今なお高い人気を誇る作品となっている。2015年9月には続編となる『うたわれるもの 偽りの仮面』のゲームがリリースされ、同年10月からはTVアニメも開始。そして2016年9月にはシリーズの最終章となるゲーム『うたわれるもの 二人の白皇』がリリースされた。

Suaraは2006年4月に放送されたTVアニメ『うたわれるもの』のオープニングテーマ「夢想歌」より、『うたわれるもの』シリーズの主題歌、また挿入歌の数々を歌い続けており、『うたわれるもの』といえば彼女の歌声を思い出す方も多いことだろう。それほどまでにSuaraというアーティストの歴史とも深く重なってきた『うたわれるもの』。その集大成ともいうべきアルバムが『うたわれるもの 偽りの仮面&二人の白皇 歌集』だ。タイトル通り『うたわれるもの 偽りの仮面』と『うたわれるもの 二人の白皇』で使用された主題歌や挿入歌を収録。また『うたわれるもの』シリーズの中でも人気の高い「夢想歌」「キミガタメ」「永久に」をアレンジし直し、ヴォーカルも含め新たにレコーディングした「夢想歌 2016」「キミガタメ 2016」「永久に 2016」も収録しており、感動がよりいっそう深まる。

なおCDとのハイブリッド・ディスクとなるSACDの初回限定盤には、「君だけの旅路」「夢想歌」「adamant faith」「キミガタメ」を収めたSpecial Discが同梱されている(これら4曲はハイレゾ配信では、『The BEST タイアップコレクション』などに収録されている)。

「ヌエドリ」

ゲーム『うたわれるもの 偽りの仮面』の主題歌。作曲、編曲は、「夢想歌」「蕾-blue dreams-」「haunting melody」「舞い落ちる雪のように」などを手がけている衣笠道雄。

「ヌエドリ」と聞いて妖怪の「鵺(ヌエ)」を連想される方もいられるかもしれないが、元々は「トラツグミ」という鳥の古称であり、妖怪の「鵺」は「鵺鳥(ヌエドリ)のような声で鳴く得体の知れない妖怪」というところから名付けられたもの。「鵺鳥(=トラツグミ)」は、その淋しげな鳴き声から、万葉集では心の悲しみや嘆きを表わす枕詞として使われている。この曲でも“逢えぬ運命(さだめ)”であり、恋い焦がれる“君”への想いを示す言葉として「鵺鳥」が用いられており、また心の声=“唄”が止むことなく聞こえてくる己の姿を、夜中じゅう悲しげに鳴き続けるそれに重ねている。

イントロでは爪弾かれる大陸的な琴の奏でに導かれ、量感豊かなストリングスの厚みと流れるような美しいコーラスが、空には遠くにたなびく雲と淡く照らす月が浮かぶ風景を幽玄に描きつつも、力強いビートとパーカッションがかけ声のごとく鋭く発せられるたくましいコーラスとともに入り込み、目の覚めるような展開をみせる。勢いのあるサウンドに包まれるような立体的な音の配置や空間の広がりが感じられ、楽曲への没入感が高まる。

楽曲には緩急をふんだんに付けるドラムは音の深みをいっそう増し、サビではたたみかけるように打ち鳴らされる、その激しさも刺激的。この曲の要となるビートには和のエッセンスとトライバルさを織り込み、また合間に差し込まれるコーラスはエスニックな雰囲気を漂わせつつも、ハイブリッドや無国籍といった既成のジャンルのパッチワークや異なる要素を混ぜ合わせて均一化したイメージなどではなく、『うたわれ』が放つ唯一無二の世界観へと集約する、音の調和、楽曲の構成が見事だ。躍動するビートやリズムにストリングスや笛の音が呼応し合い、後半には荘厳なコーラスも加え、さながら『うたわれ』流のオーケストラとも思わせる、壮大な音世界をダイナミックに奏で出している。

高い熱量を放出するサウンドの中で、叶わぬ望みと限りない想いを月の満ち欠けになぞらえるヴォーカルは凛として佇み、ときには囁くような声を重ね合わせ、ときには波紋が広がるように抑揚を軽やかに弾ませる。“狂おしいほど” “いと惜しいほど”の恋心が届かぬことを知ってながらも、当て所なく巡らせては彷徨わせる姿を描くSuaraの、“朽ち果てることないこの想い”の語尾にこめた情熱的な歌声が強く響き渡る。

「麗しき世界」

『うたわれるもの 二人の白皇』のエンディングテーマとなるこの曲が、天の頂から人の世を見守る神が語る言葉と壮大に広がるサウンドによって、『うたわれるもの』の物語を締めくくる。作曲、編曲は、「ヌエドリ」と同じく衣笠道雄が手がけている。

昂揚感のあるビートを刻むオープニングテーマ「星灯」に対して、こちらはエンディングテーマらしくゆったりとしたものながら、静かに扉を開くように始まるエンディングテーマが多い『うたわれるもの』シリーズの中でも既に始まっていた、あるいは続いているといったイメージをすぐさま喚起させる。物語の世界が『うたわれるもの』として名付けられ描かれるよりも遥か昔から存在していて、また未来へと向かい進んでいるようにも思わせ、音に込められたそのスケールの大きさが感じられる。

音の深みを生み出す低域の密度が濃く、雄大に奏でられるストリングスの重厚な旋律が空間を満たし、爪弾かれるハープの煌めきやアコースティックギターのアルペジオなど中高域の楽器の音色がくっきりとまた柔らかい質感で浮かび上がる。それぞれの音、またリズムやメロディなどに時の移り行くさまや絡み合う縁(えにし)を描く役割を持たせ、タペストリーのごとく人の運命を織り上げるサウンドは、サビ部分ではエネルギーが漲るドラムの響きを交え、ドラマチックに繰り広げられる。終盤に向けては幻想的な曲調のパートを差し入れており、命の理を感嘆する言葉とともに奏でられる牧歌的な笛の音色と胎動を表わすようなパーカッションの躍動感も印象的だ。

歌声はいつもとは違った雰囲気を漂わせており、感情を限りなく純化させたような透明感が抑揚にも感じられ、大いなるまなざしを持つ神の姿がSuaraの声を通じて伝わってくる。弓で弦を静かに奏でるように、あるいはグラスハープをそっとなぞるかのように繊細に声が発せられ、永劫を紡ぐサウンドを従えてすぐそばで語りかけてくる。存在の高みを声の深みで表現するSuaraの巧みな歌唱力が感じられる。最後の“生きてゆけ ゆけ”の言葉からは、“抗うもの”にも“従うもの”にも慈しみを与えるような力強さが伝わってくる。

早くからSACDやDSDによる作品のリリースを積極的に行ない、アニソン界ではその先駆者として活動してきたF.I.X. RECORDS。もちろん、出来上がった楽曲をただただ高音質のフォーマットでリリース、ということだけにとどまらず、「いい音」に対しての並々ならぬ情熱はその制作過程にも向けられている。

今作のヴォーカルとベーシックなトラックは日本でレコーディングされ、ストリングスはロンドンのアビーロード・スタジオにて収録されている。最大26人編成で行なわれたこのレコーディングは、『ハリー・ポッターと賢者の石』『アバター』『007 スカイフォール』など数々の映画作品の録音を手がけてきたサイモン・ローズがエンジニアを務めている。ミックスダウンはハリウッドのイーストウエスト・スタジオで「Let it go」が収録された『アナと雪の女王』のサウンドトラックやアンドリュー・バード、ランディ・ニューマン、ロン・セクスミス、エイミー・マンらの作品に携わっているデヴィッド・バウチャーが担当。そしてポートランドのゲートウェイ・マスタリング・スタジオにて、マスタリング界の巨匠、ボブ・ラドウィックがマスタリングを手がけている。

ハイレゾでは、このような音へのこだわりが存分に堪能することができる。空間に轟くドラムやパーカッション、華麗な旋律を奏でるストリングスなど、楽器の音色のリアルさはもちろんのこと、音が活き活きと押し寄せてくるような迫力が感じられる。そしてSuaraのヴォーカルは声の美しさのみならず、その抑揚の繊細さを余すところなく捉えており、レコーディング音源の品質をそのままに保つ再現力の高さが感じられる。

これにて『うたわれるもの』シリーズは完結を迎える。作品とともに、Suaraの歌とともに歩んできたファンにとってこのアルバムは、記念すべき、そして思い出に残る大切な一枚となることだろう。今はこのアルバムを聴き、深い感動の余韻に浸りながら、“いつかまた逢える”ことを願いたい。

うたわれるもの 偽りの仮面&二人の白皇 歌集 Suaraインタビューこちら

 

KIGA-29_うたわれるもの 偽りの仮面 二人の白皇 歌集_ジャケ写Suara
うたわれるもの 偽りの仮面&二人の白皇 歌集

F.I.X.RECORDS
2016.11.09

FLAC・WAV 96kHz/24bit、DSD 2.8MHz/1bit

購入はこちら

FLAC・WAV 96kHz/24bit & DSD 2.8MHz/1bit
e-onkyo music
FLAC 96kHz/24bit
groovers
DSD 2.8MHz/1bit
groovers
FLAC 96kHz/24bit
mora
DSD 2.8MHz/1bit
mora

 収録曲

 1.ヌエドリ 「うたわれるもの 偽りの仮面」主題歌
   作詞:須谷尚子 作曲・編曲:衣笠道雄

 2.恋夢 「うたわれるもの 偽りの仮面」エピローグテーマ
   作詞:須谷尚子 作曲・編曲:松岡純也

 3.不安定な神様 TVA「うたわれるもの 偽りの仮面」前期オープニングテーマ
   作詞:須谷尚子 作曲:下川直哉 編曲:小林俊太郎
 4.ユメカウツツカ TVA「うたわれるもの 偽りの仮面」前期エンディングテーマ
   作詞:巽明子 作曲・編曲:松岡純也

 5.天かける星 TVA「うたわれるもの 偽りの仮面」後期オープニングテーマ
   作詞:須谷尚子 作曲:中上和英 編曲:衣笠道雄

 6.星降る空仰ぎ見て TVA「うたわれるもの 偽りの仮面」後期エンディングテーマ
   作詞:須谷尚子 作曲・編曲:衣笠道雄

 7.星灯  「うたわれるもの 二人の白皇」オープニングテーマ
   作詞:須谷尚子 作曲・編曲:衣笠道雄

 8.キミガタメ 2016 「うたわれるもの 二人の白皇」挿入歌
   作詞:須谷尚子 作曲:下川直哉 編曲:小林俊太郎

 9.永久に 2016 「うたわれるもの 二人の白皇」挿入歌
   作詞:須谷尚子 作曲:松岡純也 編曲:衣笠道雄

10.麗しき世界 「うたわれるもの 二人の白皇」エンディングテーマ
   作詞:須谷尚子 作曲・編曲:衣笠道雄

11.夢想歌 2016 「うたわれるもの 二人の白皇」挿入歌
   作詞:須谷尚子 作曲・編曲:衣笠道雄