西沢幸奏 / 帰還

映画『劇場版 艦これ』の主題歌は、壮大なバラード・ナンバー!  オーケストラ・サウンドをバックに歌の世界が彼方まで広がります!!

 

2016年11月26日より全国の劇場にて公開される角川映画40周年記念作品『劇場版 艦これ』。TVアニメ版のメインスタッフやキャストが再び集まり制作が行なわれている。この作品の主題歌となる「帰還」を歌うのはTVアニメ版のエンディングテーマ「吹雪」を担当した西沢幸奏。ハードなロック・ナンバーを歌うイメージも強い彼女だが、この主題歌では壮大さを感じさせるバラードを披露している。「吹雪」がデビュー曲である西沢幸奏にとって『艦これ』は非常に思い入れのある作品だけに気合も充分。3枚のシングルを経てヴォーカリストとして成長を遂げた西沢幸奏の今が感じられる楽曲となっている。

「帰還」

TVアニメ『艦隊これくしょん‐艦これ‐』オープニングテーマとなったAKINO from bless4「海色」を手がけたWEST GROUNDと、西沢幸奏によるエンディングテーマ「吹雪」を手がけたHige Driverが共同で作曲を手がけており、またTVアニメとこの劇場版の劇伴を担当している亀岡夏海がアレンジャーとして加わっている。まさに劇場版ならではの豪華な組み合わせだ。

嵐のように激しいロックが駆け巡る「海色」や「吹雪」とは異なり、彼方まで広がるサウンドの中にしっとりとした歌声が優しく響くバラード・ナンバー「帰還」。劇場版となった『艦これ』の世界観を再現するかのように、ハイレゾでは壮大なスケールを感じさせるサウンドが響き渡る。ヴォーカルとピアノのみで静かに始まるイントロでは、情報量によって音の輪郭がリアルに浮かび上がってくる。ピアノはマイクから近距離で録音されており、打鍵の高低による音の位置の移り変わりがよくわかり、また強弱のアクセントで音が近づいたり離れたりするようにも感じられる。

やや抑えたようなバスドラムの重たく乾いた響きと丁寧に爪弾かれるアコースティックギターの音色が加わり、うっすらと光が照らしだすように静かに広がっていくストリングスが、“君と見た 朝焼けの空”の言葉に重なり、情景を鮮やかに描き出す。やがてリズムは少しづつ躍動を増しながら、遠くの波間に漂う灯台の微かなあかりのような木管楽器の柔らかな音色に導かれ、サビでは金管楽器を交えた雄大なシンフォニーが奏でられる。重厚ながらも開放感が満ちるアレンジによってさらに広がりゆくサウンドがまた、前半部分とのコントラストをいっそう引き立たせている。2番目からはマーチングバンドのような細かいスネアとロック的なアレンジを差し込み、『艦これ』らしいダイナミックなイメージを演出している。

ヴォーカルは、思い出を慈しむような優しさや戦場での痛みや哀しみなど、様々な表情をサウンドともに映し出し、“必ず還る”という強い意志をしなやかな抑揚に示す。ハードな楽曲が多かった西沢幸奏だが、ここでは不安や弱さといったニュアンスさえも繊細に掬い取るその歌声が印象的だ。ラストの“いつの日か 共に歩む 繋ぐ君こそ 希望”には、こみ上げる想いが一瞬、あふれ出してしまったような切ない響きが心に残る。

「Just One」

西沢幸奏の楽曲では2ndシングル『Brand-new World/ピアチェーレ』の収録曲「Cross」の作詞を手がけたezoraがこの曲では作曲と編曲を務めている。作詞は西沢幸奏によるもの。

今の気持ちを率直に綴ったという歌詞と爽やかなギターロック・サウンドの組み合わせと知って聴いてみると、出だしのフレーズだけでセンチメンタルさを秘めた青春ナンバーなのかとふと思ってしまうが、やるせない気持ちにただただ甘えて浸っているといったものではなく、“甘い 夢を見て いつしか 諦める人って 真面目でいる時にけっこう 間違えているのに”などと中々辛辣な言葉も織り込まれており、その眼差しは極めて冷徹。自分らしくあるためにどのように生きていけばいいか?その意味について真摯に向き合って答えを出しており、自分にしかできない自分の“歌を歌うよ”の言葉からは、デビュー以来、変わらぬ音楽に対してのひたむきな姿勢や、あらためてのアーティストとして覚悟や宣言といったものも感じられる。

なめらかに奏でるアルペジオに絡むもう一本のエレキギターの荒々しい響きが、静かに沸き立つ苛立ちのような感情も表わしており、タイトな音像にグッとエネルギーを溜め込んだサウンドが疾走感を加速させ、“青い”だけでは決してない、でも実に19歳らしい楽曲が展開されている。音のグラデーションを精緻に映し出す「帰還」とは打って変わり、こちらはより明快な音の方向性で、適度な音圧でそれぞれの楽器の音色を押し出すような、まとまりのよいサウンドに仕上がっている。

ヴォーカルはメッセージ性の強い言葉を盛り込んだ歌詞を巧みに勢いのある音に乗せ、高いキーで走り続ける抑揚がさらなる昂揚感をもたらす。中盤からはちょっと吹っ切れたような、明るさが感じられる声の清々しさが空間いっぱいに広がる。今までとは違う、その表情が新鮮だ。

161123-wm-11101西沢幸奏
帰還

FlyingDog
2016.11.23

FLAC・WAV 48kHz/24bit

購入はこちら

e-onkyo music
groovers
mora

 収録曲

 1.帰還(『劇場版 艦これ』主題歌)
   作詞:minatoku 作曲:WEST GROUND/Hige Driver 編曲:WEST GROUND/亀岡夏海

 2.Just One
   作詞:西沢幸奏 作曲・編曲:ezora