久保ユリカ / ありがとうの時間

3rdシングルは初のバラード・ナンバー! スムルースの徳田憲治が手がけた「ありがとうの時間」と、Tom-H@ckによるウィンターソング「Happy Cuty My Snow Man」を収録!!

 

『ラブライブ!』の小泉花陽役でもおなじみ、声優の久保ユリカ。2016年2月17日にシングル『Lovely Lovely Strawberry』にてソロアーティストとしてデビュー。同年8月17日に2ndシングル『SUMMER CHANCE!!』を、そして12月7日には3rdシングル『ありがとうの時間』とリリースを続けている。この『ありがとうの時間』には、初となるバラード曲「ありがとうの時間」とTom-H@ckによるウィンターソング「Happy Cuty My Snow Man」を収録。2016年12月25日にはクリスマスイベントを開催する久保ユリカによる、冬を迎えるこの時期にピッタリなシングルとなっている。

「ありがとうの時間」

作詞と作曲の徳田憲治は、この曲で編曲を担当しているスムルースのヴォーカリスト。スムルースは2000年代よりインディーズ~メジャーシーンで活躍している京都出身のロックバンドだ。学生の頃から彼らのライヴを見に行っていた久保ユリカからのたってのオファーにより、2ndシングル「SUMMER CHANCE!!」の作詞を徳田憲治が、またカップリング曲「記憶コロコロ」の作詞・作曲を徳田憲治、編曲をスムルースが手がけている。そして今回も久保ユリカ×スムルースの組み合わせが実現。2016年4月をもってバンド活動を休止したスムルースだが、その再開を期待させるような、スムルースのファンにとってもうれしいナンバーだ。

奏でられるストリングスの旋律はなめらかに、ピアノの音色は柔らかに響くハイレゾ。イントロのグロッケンシュピール、曲の所々でアクセントを与えるスネア、そっと楽曲を引き立たせるベース、さざ波のようなギター、いずれの楽器の音色も丸みを帯びており、穏やかながらドラマチックな楽曲の雰囲気に似合う、なじみのよいバランスでまとまっている。そのサウンドは暖かな空気感で包みこむように、また久保ユリカのヴォーカルがそこから浮かび上がるように、歌の背景として配慮されたミックスが感じられる。

友人に、家族に、そしてこれまで支えてくれたファンに対する感謝の気持ち、“ありがとう”をこめた歌声は、ひとつひとつの言葉を丁寧なニュアンスで一心に届ける。透明感のある声質の繊細さが高域のパートが多いサビ部分ではさらに顕著になり、“伝えたい 伝えきれない”の言葉ではその真摯さがよりいっそう伝わってくる。スムルースのようなエモーショナルさも忍ばせたヴォーカルに優しさが静かにあふれ出す。

「Happy Cuty My Snow Man」

オーイシマサヨシとのユニット“OxT(オクト)”やヴォーカリスト・Mayuとの“MYTH & ROID”の活動もますます盛んなTom-H@ckによる作曲。作詞のhotaruは、OxTやMYTH & ROIDの楽曲や、『ソードアート・オンライン』のキャラソンを手がけるクリエイター・チーム“SAO MUSIC GUILD”に参加をしている。またTVアニメ『僕は友達が少ないNEXT』のオープニングテーマ「Be My Friend」(作曲・編曲:Tom-H@ck)の作詞を『僕は友達が少ない』の原作者・平坂 読とともに手がけている。

昔のラジカセで録音したカセットテープのようなこもった音質がやがて、絞っていた高域のレベルをすっと上げるようにハイファイな音質へと変化する(元の音質へと戻る)、そのエフェクトもやけにリアルに、どことなく80年代的な感覚も受けるイントロから鮮やかなポップ・サウンドが弾けるハイレゾ。煌びやかなシンセの音色やスレイベルの音がさらに輪をかけて、クリスマスの華やかな雰囲気を演出し、Tom-H@ckらしいギターを加えたアレンジも冬の空間に清々しく響き渡る。

跳ね躍るようなリズムに乗って、“My Snow Man”よりもハッピーな歌声が一面に広がる。ヴォーカルは活き活きと、その語尾には雪降る季節の到来を待ちわびていた子供みたいに、うれしくてうれしくてたまらないといった無邪気な表情が感じられる。“だって だって”や“きっと きっと”と繰り返す、ちょっと甘えるような抑揚もすこぶる愛らしい。

kubo3rd_L久保ユリカ
ありがとうの時間

ポニーキャニオン
2016.12.07

FLAC・WAV 48kHz/24bit

購入はこちら

e-onkyo music
mora

 収録曲

 1.ありがとうの時間
   作詞・作曲:徳田憲治 編曲:スムルース

 2.Happy Cuty My Snow Man
   作詞:hotaru 作曲・編曲:Tom-H@ck

 3.ありがとうの時間 -instrumental-

 4.Happy Cuty My Snow Man -instrumental-