TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDのPulse Craft Information 第2回

Print

フジムラトヲル、石川智久、松井洋平からなるテクノユニット、TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND。『ウィッチクラフトワークス』『トリニティセブン』『プリズマ☆イリヤ ドライ!!』など、数々のアニメ作品に劇伴や主題歌、キャラソン等の楽曲を提供し、近年、アニソン・シーンにて大きな活躍を見せている。大ヒットを記録したTVアニメ『おそ松さん』のエンディングテーマ「SIX SAME FACES ~今夜は最高!!!!!!~」の作詞、作曲、編曲を手がけたことでも知られている。

そんな彼らの連載がリスレゾにて開始! 題して『TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDのPulse Craft Information』。《お気に入り》《影響》など、彼らが受けた様々なインプットを、アウトプット=《報告》するという、この連載。TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDとはどのような活動を行なっているのか?メンバーは一体どんな人物なのか?……魅力的な楽曲を次々と生み出している彼らの実態が明らかになる(!?)内容となっている。

アニソン・シーンの最先端で活躍している彼らの初となる連載。
第2回は、年末年始も音楽制作に奮闘中の彼らの近況からスタート!!

■『TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDのPulse Craft Information』第1回こちら
■『TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDのPulse Craft Information』第3回こちら
■『TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDのPulse Craft Information』第4回こちら

 

Craft Report / TECHNOBOYSの活動報告

年末も押し迫り、街中慌ただしい日々が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

どうも、リーダーのフジムラトヲルです。

TECHNOBOYSも御多分に洩れず、慌ただしい日々を過ごしている気がしないでもなく、12/21リリースの上田麗奈さんデビューアルバム『RefRain』に楽曲を提供していたり、

reina1stA_JEWEL_raf3上田麗奈『RefRain』のレビューはこちら

来年2月公開の『劇場版 トリニティセブン-悠久図書館と錬金術少女-』の劇伴や挿入歌の制作に勤しんでいたり、来年2月リリース、舞台版おそ松さん『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~』の劇中歌CD制作に励んでいたり、まだまだ情報解禁されていないプロジェクトを進めていたり、、まぁアレがアレしております。

あー、温泉行きたい。

TPG_rensai_02

 

そんなこんなで、今月のTECHNOBOYSハイレゾ情報は、来年に劇場公開を控えている『トリニティセブン』のTVアニメ用劇伴&EDリミックスアルバム『trinity heaven7 : MAGUS MUSIC REMIXES』でございます。

©サイトウケンジ・奈央晃徳/KADOKAWA 富士見書房/トリニティセブン製作委員会

TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND『trinity heaven7 : MAGUS MUSIC REMIXES TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND』のレビューはこちら

このアルバム制作時のおもひでとしましては、とてもスケジュールがタイトだったなということしか浮かばないのですが、その一気集中の勢いというのが、結果的に功を奏したと言っても過言ではないのです。

きっと。たぶん。

このあたりから、シンセサイザーだけではなく、リズムマシンにもアナログ機器を投入し始めた時期でして、リズムトラックを中心に、耳を傾けるというのも一興かもしれません。

トリニティセブンのサウンドトラックからは、TECHNOBOYSが完全にハイレゾ志向&思考になっているので、CDだけではなく、ハイレゾ作品としても十二分に楽しんでいただけるのではないでしょうか。

 

Favorite Pulse / TECHNOBOYSのお気に入り

TECHNOBOYSのメンバーが自分のお気に入りを紹介する「Favorite Pulse」、今月は石川智久が担当です。

私の大好きなヌードな女優、アシュレイ・ジャッド(1968〜)。

#buttermilkforever

A post shared by Ashley Judd (@ashley_judd) on

石川ソロメイン

最近は映画界の大物からセクハラを受けた事を告白して話題になったのですが、私にとって印象的だった出演映画はジョン・アーヴィング原作の『サイモン・バーチ』です。

ま、すぐ死んじゃう役なのですが、あっけなく死ぬ直前のシーンがとてもセクシーで美しい。
アメリカの片田舎に住む〜掃き溜めに鶴〜的な香りのある女優です。

 

『ボディ・リップス』『ノーマ・ジーンとマリリン』『氷の接吻』等でその美しく、ケンタッキー州かわいい肢体を観る事ができます。

 

Influence Information / TECHNOBOYSへの影響

TECHNOBOYSのメンバーが影響を受けた音楽からハイレゾリリースされている作品をご紹介。
今回、フジムラがオススメするのはunderworld『dubnobasswithmyheadman』(1994)。

 

UICY25427_1500x1500

underworld『dubnobasswithmyheadman』

TPG_FUJIMURAテクノといえば「YMO」や「クラフトワーク」でしょ、と思っていたフジムラ青年。

大学に入学すると友人O君から「こんなテクノもあるよ。」と渡された一枚の中に、このCDがありました。

ダレン・エマーソン加入後ということで、実質1stアルバムなんですが、最初に聴いた時は、正直ピンとこなかったのですよ。

でも、折角貸してくれたし、じっくり聴いてみようと思って聴き返しているうちに、このダークグルーヴな世界に、どっぷり浸かってしまいました。

その後、1996年に行なわれた「RAINBOW 2000」でライブを見た時には、そりゃもう大興奮。
「Rez」が、めちゃくちゃカッコよかったなぁ。
「Born Slippy」以降の活躍は、もう皆様ご存知かと。

このハイレゾ版、リリース20周年記念リマスターとのことですが、オリジナルより音の輪郭がはっきりしていて、良い意味で今っぽくなっていますね。

個人的には、「Moaner」のハイレゾ版が聴いてみたいな。

UICY25427_1500x1500underworld
dubnobasswithmyheadman

Universal Music
1994.01.24

FLAC 96kHz/24bit

ハイレゾはこちら

e-onkyo music
groovers
mora

では次回の『TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDのPulse Craft Information』もお楽しみに!

■『TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDのPulse Craft Information』第1回こちら
■『TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDのPulse Craft Information』第3回こちら
■『TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDのPulse Craft Information』第4回こちら

 

2016TPG_MAIN

TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND
トラックメーカー・フジムラトヲル(Ba/Syn/Vo)、作曲家・石川智久(Pf./Syn/Vo)、作詞家・松井洋平(Gt./Syn/Vo)からなるテクノユニット。現在まで2枚のオリジナル・アルバムをリリースしており、その活動範囲は海外にまで及ぶ。細野晴臣氏が音楽監修を務めた2007年の映画『EX MACHINA -APPLESEED SAGA-』を始めとして、『ウィッチクラフトワークス』『トリニティセブン』『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』『紅殻のパンドラ』『プリズマ☆イリヤ ドライ!!』など、数々のアニメ作品に劇伴や主題歌、キャラソン等の楽曲を提供。ユニットだけでなく、個人として作品に携わることも多い。宇都宮隆氏、松岡英明氏、浅岡雄也氏ら、時代を創ったボーカリストとのコラボレーション・ナンバーや、TVアニメ『おそ松さん』のエンディングテーマ「SIX SAME FACES ~今夜は最高!!!!!!~」など、制作したそれらの楽曲は大きな話題を呼んでいる。

●TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDが携わった作品のレビューはこちら

TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND公式サイト

TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDのTwitter