黒崎真音 / MAON KUROSAKI BEST ALBUM –M.A.O.N.-

黒崎真音が担当した数々のアニメ主題歌を集めた初のベストアルバムが登場。「Magic∞world」「X-encounter」「楽園の翼」などの楽曲に新曲を加えた全17曲を収録。

 

2010年のデビューから7年目を迎える黒崎真音。これを記念してリリースされる初のベストアルバムが『MAON KUROSAKI BEST ALBUM –M.A.O.N.-』。『学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD』『とある魔術の禁書目録Ⅱ』『ヨルムンガンド PERFECT ORDER』『東京レイヴンズ』『がっこうぐらし!』など、黒崎真音が担当した数々のアニメ主題歌に加えて、このベストアルバムのために書き下ろした新曲も収録。彼女の音楽活動の軌跡を辿ることができる。CDは9月27日にリリースされ、ハイレゾは10月4日より配信が開始されている。

 

アルバムの1曲目「Magic∞world」は、2010年11月にリリースされた1stシングルの曲。TVアニメ『とある魔術の禁書目録Ⅱ』のエンディングテーマとして使用された。作曲・編曲を手がけているのは『とある』シリーズの劇伴をI’veとともに担当している井内舞子。シンセとギターが鮮やかに織りなすデジタルロックに作品世界を投影した歌詞が重なる。サウンドから生まれる突き抜け感もまた爽快だ。『とある魔術の禁書目録Ⅱ』後期のエンディングテーマ「メモリーズ・ラスト」も今作に収録している。こちらはI’veサウンドの中核を担った中沢伴行が作曲を手がけており、疾走感溢れる清々しいロックを聴かせる。

デジタルサウンドは黒崎真音の楽曲を構成する重要な要素のひとつであり、荒々しいロックとのコンビネーションを数々みせてきたが、TVアニメ『東京レイヴンズ』のオープニングテーマとなる「X-encounter」では、トランシーでアグレッシブなクラブサウンドへと大きく舵を切った。I’veの高瀬一矢と黒崎真音のコラボとでもいうような独特な雰囲気を感じさせ、この方向性は黒崎真音の3rdアルバムであり、『東京レイヴンズ』のトリビュートアルバムでもある『REINCARNATION』にも引き継がれている。『REINCARNATION』には高瀬一矢と井内舞子による楽曲が収録されており、その中から主人公の土御門春虎をイメージして作られた「-Autonomy-」がこのベストアルバムへ選曲されている。

2016年11月のシングル曲「VERMILLION」では、サウンドプロデュースにSUGIZOを迎え、パワフルに楽曲を繰り広げる。『DRIFTERS』に登場する武将たちの荒ぶる魂を呼び起こすものか、激しく高鳴るサウンドに、「和」をイメージさせるような強い節回しを込めた歌声が響き渡る。情熱がたぎるボーカルが作品世界を濃厚に染め上げるような、非常に聴きごたえのあるナンバーだ。同年にリリースされた10thシングル「DEAD OR LIE」ではTRUSTRICKをフィーチャーし、ストリングスの旋律がドラマチックなダークロックを展開。黒崎真音と神田沙也加のボーカルの組み合わせも抜群で、楽曲には彼女たちが愛好するゴシックのイメージが加えられている。

黒崎真音がアーティストとして進み始め、初めて関わったTVアニメ作品が『学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD』。2010年7月より放送された今作にて毎回異なるエンディングテーマのすべてを彼女が担当している。全12話のエンディングテーマを収めたアルバム『H.O.T.D.』がアニメ最終話の週にリリース。この中から第1話の「君と太陽が死んだ日」と第12話の「The Eternal Song」をこのベストアルバムに収録している。エモーショナルなハードロックを得意とするMintJamならではのサウンドで、楽曲のメランコリックなイメージを表出させる「君と太陽が死んだ日」と、90年代インディーズ/オルタナ風なサウンドが爽やかな疾走感を促す「The Eternal Song」。ロックを主軸としながら黒崎の才能を様々なサウンドから引き出そうとする意図が感じられる。

「The Eternal Song」の作曲者“デワヨシアキ”こと出羽良彰は、黒崎真音の活動の初期から楽曲を提供している。OVA『薄桜鬼 雪華録』では、黒崎が担当するエンディングテーマの楽曲すべての作曲を手がけ、それらのうち5曲が、2011年にリリースされたミニアルバム『五色詠-Immortal Lovers-』にまとめられている。今作には第五章「土方歳三」のエンディングテーマ「真実 -The light lasting-」を収録。出羽良彰らしいセンスが溢れる叙情的なメロディーと、情感豊かな黒崎真音の歌声が美しく重なり、感動がゆっくりと胸に広がる。TVアニメ『薄桜鬼』シリーズ第三期となる『黎明録』では、黒崎真音がオープニングテーマを担当。この「黎鳴 -reimei-」も出羽良彰が作曲を手がけており、疾風のごとく奏でられるバンド・サウンドに乗せて、希望を抱いて一歩前へと向かい行く、その強い意志が描かれている。

2015年7月より放送されたTVアニメ『がっこうぐらし!』からは、主に前半の話数で使用されたエンディングテーマ「ハーモナイズ・クローバー」と後半より使用された「アフターグロウ」を収録。黒須克彦作曲の「ハーモナイズ・クローバー」は、じんわりと温かな楽器の音色と柔らかく包み込むようなボーカルから、穏やかな日常の空気感が伝わってくる。主人公たちは『学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD』と同じく、閉鎖的で極限の状況にさらされているのだが、だからこそ何気なく過ごしてきた毎日が大切に愛おしく思えるように、ボーカルは優しいまなざしで寄り添いながら丁寧に言葉を紡ぐ。黒崎真音の楽曲では「VERTICAL HORIZON」や「Distrigger」などを手がけるfu_mouの作曲による「アフターグロウ」は、「ハーモナイズ・クローバー」で描いた夕焼けの風景がどんどんと宵闇に沈み、不安の夜を越え、やがて希望の朝を迎える……そんなイメージを感じさせる。想いが込み上げる歌声が深く心に響く、素晴らしいバラードとなった。

『DRIFTERS』の平野耕太原作によるOVA『HELLSING Ⅸ』のエンディングテーマ「SCARS」は、1stアルバム『Butterfly Effect』から選曲。深くえぐるようにかき鳴らされるギターのリフ、リズム隊が繰り出すずっしりと重厚なグルーヴが鮮烈だ。耳を奪うインパクトのあるラウドロックを作り上げたのはR・O・N。2012年のTVアニメ『ヨルムンガンド PERFECT ORDER』オープニングテーマ「UNDER/SHAFT」では、サウンドをさらにマッシブな方向に進め、ハードなインダストリアル・ロックを構築。マシンガンを連射するようなエフェクトも最高にスリリング! このようなヘヴィーなサウンドにも飲み込まれることなく、むしろ喰らい尽くさんばかりの勢いで飛び込んでくる、作品の世界観と同化した黒崎真音のボーカルが凄まじい。

TVアニメ『グリザイア』シリーズからは「楽園の翼」「刹那の果実」を収録。どちらの曲も原作ゲームの主題歌を手がけているElements Gardenの藤間 仁が作曲・編曲を担当している。「楽園の翼」は2014年に放送された『グリザイアの果実』のオープニングテーマで、ストリングスを交えた流麗なメロディーをしなやかに滑走するボーカルが美しい。イントロを挟まずに始まる出だしの歌声も強く印象に残る。「刹那の果実」は翌年に放送された『グリザイアの楽園』のオープニングテーマ。「楽園の翼」から楽曲のテンポがぐっと増しており、ところどころにバロック的な優美な演出を挟み込みながら、主人公たちが突き進む姿を力強く描いている。このベストアルバムでは「UNDER/SHAFT」からの流れを受けるように、「楽園の翼」よりも先に並べられている。

ベストアルバムのラストには新曲「僕はこの世界に恋をしたから」が収録されている。藍井エイルの「GENESIS」や、ClariSの作品に作詞、作曲、編曲と数多く参加している丸山真由子が作曲を担当。軽やかに駆け上がるポップサウンドがもたらす昂揚感がとても心地よい。歌詞には黒崎真音の想いがそのまま表われており、感謝の気持ちを綴った“ありがとう ありがとう 歌うよ”の言葉が自身を未来へ導くように響いている。

ハイレゾはCDで感じられたメリハリ感を生かしつつ、音の深みを加え迫力を増した印象だ。黒崎真音の楽曲はロックを基調とした激しいものが多いが、クリアな空間にそれぞれの楽器の音がさらに引き立つような、ますます刺激的な音の鳴りだ。特にギターのキレや鋭さが顕著。ボーカルはたおやかな声の抑揚やビブラートなど、黒崎真音の特徴をより精細に伝え、彼女が描き出すイメージにより深く没入できる仕上がりとなっている。

なおリスアニ!WEBでは『MAON KUROSAKI BEST ALBUM –M.A.O.N.-』について語った黒崎真音のインタビューを掲載している(https://www.lisani.jp/0000061485/)。こちらも併せてご覧いただきたい。

リスアニ!WEB「夢をかなえて、走り続けた7年間の足跡――。『MAON KUROSAKI BEST ALBUM –M.A.O.N.-』リリース記念 黒崎真音インタビュー」

 

黒崎真音
MAON KUROSAKI BEST ALBUM –M.A.O.N.-

NBCUniversal Entertainment
2017.09.27

FLAC・WAV 96kHz/24bit

ハイレゾはこちら

e-onkyo music
groovers
mora

収録曲

 1.Magic∞world(TVアニメ「とある魔術の禁書目録Ⅱ」エンディングテーマ)
   作詞:黒崎真音 作曲・編曲:井内舞子

 2.X-encounter(TVアニメ「東京レイヴンズ」オープニングテーマ)
   作詞:黒崎真音 作曲・編曲:高瀬一矢

 3.DEAD OR LIE 黒崎真音 feat.TRUSTRICK(TVアニメ「ダンガンロンパ3-The End of 希望ヶ峰学園- 未来編」オープニングテーマ)
   作詞:黒崎真音 作曲・編曲:黒瀬圭亮

 4.VERMILLION(TVアニメ「DRIFTERS」エンディングテーマ)
   作詞:黒崎真音 作曲・編曲・サウンドプロデュース:SUGIZO

 5.君と太陽が死んだ日(TVアニメ「学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD」エンディングテーマ)
   作詞:akane 作曲:setzer 編曲:MintJam

 6.-Autonomy-(TVアニメ「東京レイヴンズ」イメージソング)
   作詞:黒崎真音 作曲・編曲:高瀬一矢

 7.黎鳴 -reimei-(TVアニメ「薄桜鬼 黎明録」オープニングテーマ)
   作詞:黒崎真音 作曲・編曲:出羽良彰

 8.ハーモナイズ・クローバー(TVアニメ「がっこうぐらし!」エンディングテーマ)
   作詞:黒崎真音 作曲:黒須克彦 編曲:黒須克彦・長田直之

 9.アフターグロウ(TVアニメ「がっこうぐらし!」エンディングテーマ)
   作詞:黒崎真音 作曲・編曲:fu_mou

10.SCARS(OVA「HELLSING Ⅸ」エンディングテーマ)
   作詞:黒崎真音 作曲・編曲:R・O・N

11.UNDER/SHAFT(TVアニメ「ヨルムンガンド PERFECT ORDER」オープニングテーマ)
   作詞:黒崎真音 作曲・編曲:R・O・N

12.刹那の果実(TVアニメ「グリザイアの楽園」オープニングテーマ)
   作詞:桑島由一 作曲・編曲:藤間仁 (Elements Garden)

13.楽園の翼(TVアニメ「グリザイアの果実」オープニングテーマ)
   作詞:桑島由一 作曲・編曲:藤間 仁(Elements Garden)

14.真実 -The light lasting-(OVA 薄桜鬼 雪華録 土方編エンディングテーマ)
   作詞:黒崎真音 作曲・編曲:出羽良彰

15.The Eternal Song(TVアニメ「学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD」エンディングテーマ)
   作詞:黒崎真音 作曲・編曲:出羽良彰

16.メモリーズ・ラスト(TVアニメ「とある魔術の禁書目録Ⅱ」エンディングテーマ)
   作詞:黒崎真音 作曲:中沢伴行 編曲:中沢伴行・尾崎武士

17.僕はこの世界に恋をしたから(新曲)
   作詞:黒崎真音 作曲・編曲:丸山真由子