RIRIKO / その未来へ

2017.10.25

TVアニメ『クジラの子らは砂上に歌う』OP主題歌は、今作にてメジャーデビューするシンガー・ソングライターのRIRIKOが担当。作品の世界観を投影したサウンドとしなやかなボーカルが魅力的な一曲。

 

2017年10月より放送が開始したTVアニメ『クジラの子らは砂上に歌う』。梅田阿比の原作コミックを、『四月は君の嘘』などで知られる監督・イシグロキョウヘイとJ.C.STAFFがアニメ化している。

このアニメのOP主題歌「その未来(さき)へ」は、今作にてメジャーデビューを果たすシンガー・ソングライターのRIRIKOが担当。現在、東京音楽大学にてソングライティングコースを専攻している彼女だが、これまでにも音楽イベントにて数々の受賞歴もあり、業界内からもその評価は高い。まさに大型新人と呼ぶにふさわしい才能と風格を持ち合わせたアーティストである。

今回のシングル「その未来へ」は、RIRIKOが全曲の作詞・作曲を手がけ、編曲はJUNNAや寿 美菜子、入野自由ら多くの作品に携わる原田アツシが務めている。作品の世界観を反映した表題曲のほか、シンガー・ソングライターらしい感性で描いた「Take Off!!」「時の砂」を収録している。

なおリスアニ!WEBではRIRIKOのインタビューを掲載。こちらも併せてご覧いただきたい。

※リスアニ!WEB掲載、『クジラの子らは砂上に歌う』OP主題歌「その未来へ」をリリース!シンガー・ソングライターRIRIKOインタビューはこち

「その未来へ」

アコースティックギターの乾いた音色を交え、砂に覆われた『クジラ』の世界を映し出したポップソング。歯切れのいいカッティングやキメを多用したこの曲は、力強いメロディーを引き立てるリズムやグルーヴを重視したアレンジとなっており、ダイナミックに音を響かせている。豊かなイメージをはらんだサウンドにぐいぐいと引き込まれるようだ。

劇中に登場する少女・リコスの視点から歌詞を綴った「ハシタイロ」に対して、「その未来へ」では砂上に浮かぶ「泥クジラ」に暮らす人々を見守るように描かれており、ボーカルは慈しみに満ちたニュアンスで、また待ち受ける運命を乗り越える力を分け与えるのように歌っている。そして、〈その先へ その未来(さき)へ 導かれたのなら〉というサビのフレーズには、強い願いや祈りが込められているようだ。2番のコーラスにも静かなメッセージが潜んでいたりと、物語の文脈をていねいにすくい取ったRIRIKOのソングライティングが実に絶妙である。

ハイレゾでは作品世界のイメージをさらに鮮やかに彩る強い解像感が伝わってくる。アコースティックギターのアルペジオから、民族的な雰囲気を醸し出すパーカッションまで、その音色の豊かさや繊細な響きが埋もれずにしっかりと耳に届く。また楽器の粒立った音が奥の方から飛び出してくるような勢いも感じられ、ハイレゾでもメリハリのあるサウンドを存分に楽しむことができる。しなやかなで伸びのあるボーカルはさらに前へと近づいている存在感で、切なさと力強さが交差する澄んだ歌声を魅力的に捉えている。音世界によりいっそう没入できる仕上がりだ。

「Take Off!!」

疾走感溢れる爽やかなギターロックが鳴り響くカップリング曲。高校時代に作ったという原曲に磨きをかけ、清々しく流れるメロディーはそのままに、さらに躍動的なアレンジで仕上げている。リズム隊とギターが折重なりながらまっすぐに突き進む、鮮やかなバンドサウンドは力強く、ライブでの一体感を大いに期待させてくれるもの。ハイレゾは、パワフルなドラムの瞬発力や、エレキギターのキレの良さがますます伝わってくる、臨場感のあるサウンドとなっている。

歌詞には、周囲を気にしてつい取り繕う態度をとってしまう〈僕〉の葛藤する心が映し出されており、シンガー・ソングライターならではの内省的なイメージが感じられる。それを開放的な方向へと展開させているのがRIRIKOらしいところ。うつむいた心が上へと向くように、終盤では気持ちが前へと踏み出す瞬間を、優しく歌い上げている。しなやかにエネルギッシュに、ボーカルの溌剌とした表情に魅了される。

「時の砂」

つま弾かれるアコースティックギターにチェロの旋律が優しくが絡むバラードナンバー。シンプルな編成ゆえ、それぞれ楽器の一音一音が明瞭に耳に届き、ハイレゾでは音色の深さがさらに味わい深い。その透き通った響きには、楽曲のイメージに例えれるならば、月の光に照らされているような美しさがある。

「その未来へ」「Take Off!!」で快活な歌声を披露したRIRIKOだが、切ない別離をテーマにしたこの曲では、しっとりと情感豊かなボーカルを聴かせる。またその移りゆく表情が印象的で、楽器の音数が加わった中盤からは、寂しさを淡くにじませた語りかけるような抑揚がよりエモーショナルなものへと変わっていく。感情の波が次第に高まり、溜め込んだ想いが溢れかえるような歌声が胸を打つ。元には戻せない「時の砂」というタイトルや〈泣くのは堪えているんだよ〉のフレーズから、『クジラ』の世界観も垣間見れるようだ。

RIRIKO
その未来へ

Lantis
2017.10.25

FLAC・WAV 96kHz/24bit、WAV 96kHz/32bit

ハイレゾはこちら

e-onkyo music
groovers
mora

© 梅田阿比(月刊ミステリーボニータ)/「クジラの子らは砂上に歌う」製作委員会

 収録曲

 1.その未来へ
   作詞・作曲:RIRIKO 編曲:原田アツシ(Dream Monster)

 2.Take Off!!
   作詞・作曲:RIRIKO 編曲:原田アツシ(Dream Monster)

 3.時の砂
   作詞・作曲:RIRIKO 編曲:原田アツシ(Dream Monster)

 4.その未来へ(off vocal)

 5.Take Off!!(off vocal)

 6.時の砂(off vocal)