中島 愛 / サタデー・ナイト・クエスチョン

2017.10.25

フジファブリックが楽曲を提供したTVアニメ『ネト充のススメ』OPテーマとなる表題曲と、ボンジュール鈴木&Tomgggが手がけたカップリング曲を収録したシングル!

 

2016年12月に歌手としての活動を再開することを発表し、今年2月には復帰第1弾となるシングル「ワタシノセカイ」を発表した中島 愛のニュー・シングル「サタデー・ナイト・クエスチョン」。TVアニメ『ネト充のススメ』のOPテーマとなる表題曲はフジファブリックが楽曲を提供し、カップリング曲はボンジュール鈴木とTomgggが手がけている。どちらの曲も中島 愛のあらたな一面を魅力的に引き出しており、楽曲提供アーティストとのコラボレーションといった雰囲気も感じさせる、意欲的な仕上がりとなった。

※「サタデー・ナイト・クエスチョン」について詳しく話を聞いた、中島 愛のインタビューはこちら

「サタデー・ナイト・クエスチョン」

加藤慎一が作詞、山内総一郎が作曲を担当。編曲には金澤ダイスケも加わり、またレコーディングではメンバーとともにサポートドラマーのBOBOも演奏に参加と、フジファブリックの全面プロデュースによる今回の楽曲。イントロでかき鳴らされるギターの個性的なフレーズから既に彼らならではのサウンドに染まっている。

歌謡曲的な独特のメロディーとリズムとで構成される楽曲は、もどかしい雰囲気と微熱を帯びた不思議な昂揚感を併せ持つ。歌詞は、ネットゲームに耽溺しながら毎日を過ごす『ネト充のススメ』の主人公のイメージを重ねつつ、こちら側にいる私たちの姿もまた描き出している。〈有りもしない仮面は外し〉の言葉が、ここで示されている〈クエスチョン〉を解くキーワードであるかのようだ。

どこかやるせない諦観にも似た表情に色が差し、次第に明るさを増していく。 感情の機微を声の高低を使い分けながら描くボーカルに耳が引き寄せられる。2番からはリズムやグルーヴにさら呼応する歌声の抑揚が伝わり、ハイレゾでは活気のあるバンドサウンドとの一体感が強い。間奏のサイケデリックなパートも含め、全体的にサウンドがぐっと迫ってくる印象だ。よりダイレクトに声と音が訴えかけてくるような楽曲となっている。

「はぐれた小鳥と夜明けの空」

カップリングは、ボンジュール鈴木とTomgggによる共作曲。ボンジュール鈴木は、自身の音楽制作のみならず楽曲提供やボーカル参加など、多才な活動を繰り広げるマルチなアーティスト。TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDが手がけたTVアニメ『魔法陣グルグル』のED主題歌「Round&Round&Round」へボーカリストとして参加したことも記憶に新しい。

Tomgggはアカデミックな出自から一転、ポップな才能をネット上で開花させた、新進気鋭のサウンドクリエイター。禁断の多数決やnegicco、Especia、ラブリーサマーちゃん、ポーター・ロビンソンなど、リミックス・ワークスも多い。並行しながら自身の楽曲もコンスタントに発表。2016年のアルバム『Art Nature』には、ボンジュール鈴木をフィーチャーした「Tick Tock Skip Drop」を収録している。

スタンダードなポップスを志向する中島 愛と、最新型のインナーダンス・サウンドとの組み合わせとなる今作だが、予想以上に相性が抜群。パーカッションやビートを交えつつ、シンセサウンドをたおやかでドリーミーなタッチでまとめており、アレンジにはガーリーなテイストも加えている。そんなサウンドに浮かぶ歌声は柔らかく甘く、落ち着いた雰囲気も漂う。ハイレゾではふわっとした質感や細やかなニュアンスを楽しむことができる。地声と裏声がブレンドされたような声の絶妙なバランスも聴きどころ。空間的なサウンドの中に、大人でキュートなボーカルの魅力をさらに引き出している。「サタデー・ナイト・クエスチョン」と同じくアーバンでちょっぴり切なく、そしてこちらにも〈扉が開く〉という言葉が盛り込まれている。中島 愛を次へのステップへと導くようなイメージを感じさせるナンバーだ。

中島 愛
サタデー・ナイト・クエスチョン

FlyingDog
2017.10.25

FLAC・WAV 48kHz/24bit

ハイレゾはこちら

e-onkyo music
groovers
mora

 収録曲

 1.サタデー・ナイト・クエスチョン
   作詞:加藤慎一 作曲:山内総一郎 編曲:フジファブリック

 2.はぐれた小鳥と夜明けの空
   作詞:ボンジュール鈴木 作曲:ボンジュール鈴木・Tomggg 編曲:Tomggg