TRUE / Sincerely

2018.01.31

TVアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』OP主題歌となるニュー・シングル。作品世界を華麗に映し出すドラマチックな表題曲のほか、たぎる想いを激しいサウンドに乗せた「泡影セカイ」、茅原実里とのデュエット曲「ふたりごと」を収録。

2018年1月より放送がスタートした、京都アニメーション制作のTVアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』。感情をもたない少女・ヴァイオレット・エヴァーガーデンが手紙を代筆する仕事を通じて、様々な人々と出会いその想いに触れ、成長していく姿を描いた作品だ。

今作のOP主題歌はTRUEの「Sincerely」。作品の世界感を投影したドラマチックな曲となっている。

「Sincerely」

弦楽合奏を主体としたミドルテンポのバラード曲。作曲はPENGUIN RESEARCHの堀江晶太。編曲にはEvan Callも加わる。今作の劇伴を担当するEvan Callによるストリングス・アレンジは作品世界との関係をさらに強くするもので、また堀江晶太の持ち味であるエモーショナルなメロディーと組み合わせることにより、壮大かつ劇的な印象をもたらす。そのサウンドは今作のドラマ性を抽出し、凝縮したようなイメージだ。作品の主題を楽曲で語る試みは歌詞でも行われ、まだ理解できぬ“アイシテル”の言葉が頬をつたう涙へと変わる、感情の行方をていねいに描写。物語と深く結びついた歌に仕上がっている。

ハイレゾでは、流麗に旋律を奏でるストリングスの厚み、豊かな音の響きが感じられる。またドラムやベースが躍動的で、そこから生まれるグルーヴが楽曲をダイナミックなものにする。構成もさることながら、リズムの抜き差しなど細やかなアレンジも巧みで、一瞬入るギターの轟音も鮮烈。ラストのサビに加えたひと言にディレイを強くかけ、想いをそっと届けるようにした演出も効果的だ。ボーカルは繊細なニュアンスをしなやかな抑揚に表し、つのる想いが高まるサビに強く惹きつけられる。

「泡影セカイ」

TRUEの曲では「ヒカリ」「キネマ」を手がけるh-wonder作編曲によるビターなロック・チューン。「Sincerely」とはまた異なった視点から「愛」を捉えたこの曲では、激しいサウンドに乗せて、たぎる想いをそのまま吐き出す歌声に狂おしいほどの情熱が宿る。歌詞には“音楽に対しての憧れ”というテーマも盛り込まれており、そこからは無数の言葉をひとつの歌へと紡ぐ、作詞家・唐沢美帆としてのTRUEの姿も浮かび上がってくるようだ。ハイレゾでは葛藤やもがきを映すようなギターの粘りのあるフレーズや、2番目から顕著に現れるベースのスラッピングが引き立つ。またアグレシッブなボーカルの伸びやビブラートも力強い。

「ふたりごと」

ひとりごとも一緒にいればそれはふたりのものになる。そんな親密な距離が感じられる、“与えることで 与えられていく”という心のふれあいを描いた、茅原実里とのデュエット曲。ふたりの歌声が代わる代わる現れ、ときには相手を追いかけながら、そして、ひとつに重なる。TRUEと茅原実里のボーカルを左右に振らず、ほぼ中央に配置しているので、お互い寄り添うような雰囲気がある。楽曲のテーマを反映したボーカルのバランスとなっている。ハイレゾは、それぞれヴォーカリストの個性を鮮明に映し出す解像感があり、また定位が立体的に感じられる。また包むように奏でる、アコースティックギターやピアノ、ストリングスの音色もまろやかだ。

●TVアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のED主題歌 茅原実里「みちしるべ」のレビューはこちら

TRUE
Sincerely

Lantis
2018.01.31

FLAC・WAV 96kHz/24bit
購入はこちら

e-onkyo music
groovers
mora

 収録曲

 1.Sincerely
   作詞:唐沢美帆 作曲:堀江晶太 編曲:堀江晶太・Evan Call

 2.泡影セカイ
   作詞:唐沢美帆 作曲・編曲:h-wonder

 3.ふたりごと 歌:TRUE&茅原実里
   作詞:唐沢美帆 作曲・編曲:渡辺拓也